坐骨神経痛でお悩みの方は門前仲町YETI鍼灸整骨院へ!

坐骨神経痛

\こんなお悩みございませんか?/

痛みやしびれでピリピリジンジンする
痛みやしびれで超時間同じ姿勢が辛い
お尻やふくらはぎ、足先にかけて痛みが強い
つまづいたり歩きにくさを感じる
腰を反らすと足に痛みやしびれを感じる事がある
身体をかがめると痛い
このような状態が1つでもある場合は、
坐骨神経痛である可能性が疑われます。
坐骨神経痛とは
「坐骨神経痛」とは、病名ではなく下肢にあらわれる症状の総称で、おしりから下肢にかけて痛みやしびれが続く状態を言います。
坐骨神経は、坐骨を通りおしりの筋肉“梨状筋”(りじょうきん)を抜け足へ向かう末梢神経のひとつ。
末梢神経は脳と脊髄からなる中枢神経と体の各部を結び、体を自由に動かしたり、温度を感じたりする“伝導路”で、主に3つの神経から構成されています。
(1)運動神経
脳から指令を送り、体の各部位を動かす神経
(2)知覚神経
痛みや温度などの感覚を、皮膚、筋肉、関節を介して中枢に伝える神経
(3)自律神経
意志とは無関係に、内臓、血管、腺などの機能を調整する神経
私たちの下肢が自由に動かせたり、バランスよく歩く事が出来るのは、末梢神経である「坐骨神経」がしっかり働いてくれるおかげなのです。
坐骨神経はどこにある?
“神経”というと、細いイメージがありますが、坐骨神経は末梢神経の中で一番太く、サイズはボールペンくらい、長さも1メートルと最も長いものになっています。
この長い坐骨神経は、
“ 総腓骨神経 ”(そうひこつしんけい)と、
“ 脛骨神経 ”(けいひこつしんけい)
に分かれ腰椎から足の指まで伸びています。
その為、何らかの原因でこの坐骨神経に問題が生じると、この神経の通り道でもある、おしりから下肢にかけて痛みが引き起こされるのです。

坐骨神経痛が起こる原因は?

腰部脊柱管狭窄症による坐骨神経痛

腰部脊柱管狭窄症は、50歳以上の中高年に多く、もともと脊柱管が狭い人は30~40代で症状が出る人もいます。
脊柱管が狭くなる事で神経根や馬尾を圧迫し、坐骨神経痛が引き起こされます。
体を後ろに反らせると脊柱管がさらに狭くなり神経などを圧迫するため、
高いところのものを取る動作
腰をひねる動作
背筋を伸ばす動作
などは痛みが出るのが特徴で、
前かがみになると脊柱管が広がるため、前かがみでの動作は比較的楽に行えます。

腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛

腰椎椎間板ヘルニアは、20代が最も多く、次に30~40代、10代の若い人に多く見られます。
椎間板がつぶれて飛び出す事で、腰椎の神経を圧迫し坐骨神経痛が起こります。
あぐらや横座り、猫背、中腰で作業する人などは腰への負担が大きく、椎間板が飛び出しやすくなります。

骨格のゆがみによる坐骨神経痛

どれだけお尻や足周りの筋肉を緩めても、原因の一つである骨格のゆがみを取らないと、坐骨神経痛は改善しません。
また、日常生活で悪い姿勢をしていることも原因の一つです。
特に坐骨神経痛は座り方と歩き方が重要になります。
門前仲町YETI鍼灸整骨院の治療法とは
医者も諦め、打つ手なし・・・
何をしてもダメな痛み・・・
本当の原因は
全身の神経に
ありました。
・ガチガチに凝り固まっていない
・動かしても痛みが出ない
・しっかり力が入る!
・血流がたくさん流れる
・いつまでも若々しく動ける
まるで生まれたての赤ちゃんのような、
もちっふわっ
という柔らかい状態が理想の状態です。
この状態になれば、あらゆる痛みや不調はたちまちに消えていきます。
しかし、今のあなたは真逆のことをしていませんか?
身体を力強く揉んだり、
バキバキと強い力で矯正すると・・・
逆に症状が
悪化してしまうんです!!
一般的な整体やマッサージのように
力強く揉む、骨をバキボキする、
ストレッチなど筋肉に刺激を与えると・・・
筋肉の組織を傷つけて   無理な負担
余計に悪く      がかかりすぎて
してしまったり・・・   弱くなったり・・・
傷んだ箇所を修復するために
さらに守ろうと【硬い組織】を作ってしまいます。
そうすると・・・
「症状がよくならない、
変わらない」
本当の原因であると当院は考えております。

院情報

院情報画像

 

院名 門前仲町YETI鍼灸整骨院
住所 東京都江東区古石場1-1-2 加藤ビル2階
連絡先 03-6770-6986
定休日 月曜日/木曜日/第四土曜日午後(12:00終了)
予約の有無 完全予約制
10:00〜20:00
10:00〜20:00
10:00〜20:00
10:00〜17:00
10:00〜17:00
10:00〜17:00
10:00〜20:00 10:00〜20:00
10:00〜20:00 10:00〜17:00 10:00〜17:00 10:00〜17:00
※定休日/月曜日・木曜日・第四土曜日午後